アルバート・ワトソン《坂本龍一》ニューヨーク 1989年
Photo by Albert Watson
関健作《2:16.22》 2019年
©Kensaku Seki
Photo by Benjamin Millepied
ヴェロニカ・ゲンシツカ《Vibe》 2019.
Courtesy of the artist and Jednostka gallery
©Vik Muniz x Ruinart, 2019

TOKYOGRAPHIE KYOTOGRAPHIE SPECIAL EDITION

Latest
TOKYOGRAPHIE 2019のwebサイトがオープン、全プログラムを発表

About

TOKYOGRAPHIE

世界屈指の文化都市・京都を舞台に、毎年春に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する本写真祭も、回を重ねるごとに好評を博し2019年春に開催された第7回までに約73万人の方にご来場いただきました。

KYOTOGRAPHIE(キョウトグラフィー)2019で好評を博した展示の一部が、スペシャル・エディション「TOKYOGRAPHIE(トウキョウグラフィー)」として、東京に巡回します。国内外で活躍する気鋭のアーティストの作品群を東京で体感できる、貴重な機会です。

KYOTOGRAPHIE 2019
Theme "VIBE"

2019 年のテーマは「VIBE」です。
VIBE ─ 私たちの感覚を研ぎ澄まし、自身の中に眠る何かを揺るがし覚醒させるもの。誰かに出会ったとき、作品と出会ったとき、ある出来事と対峙したとき、目に映らず、形を持たずとも、私たちの全身全霊にほとばしるもの。そしてもたらされる喜びも葛藤も絶望ですらも、私たちを新たな世界へと導くもの。そんな目に見えないものが繋がるときに生まれる共振や共鳴を伝えたい。
KYOTOGRAPHIE 2019は、誰しもの中に在る「VIBE」を呼び覚まします。

KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表
ルシール・レイボーズ & 仲西 祐介

Exhibitions

Events