COASTAL MOTIFS, 2017-2018
#9183 Ofunato bay, Iwate prefecture(大船渡湾 - 岩手県)
©Tadashi Ono / La Villa Kujoyama
COASTAL MOTIFS, 2017-2018
#1429 Kesennuma bay, Miyagi prefecture (気仙沼湾 - 宮城県)
©Tadashi Ono / La Villa Kujoyama
COASTAL MOTIFS, 2017-2018
#9547 Miyako bay, Iwate prefecture(宮古湾 - 岩手県)
©Tadashi Ono / La Villa Kujoyama

東日本大震災後、岩手・宮城・福島各県の沿岸部に、総事業費約1兆円、高さ10メートル以上、総延長400キロメートルにおよぶ防潮堤が建設されつつあることをご存知だろうか? フランスのパリとアルルを拠点に活動する小野規は、2011-12年に被災地を撮影したシリーズの続編となる本作を、2017年夏にあらたに撮影した。戦後最大の津波をもたらした自然への日本人からの返答ともいえる巨大な防潮堤を前に、「海に囲まれ育まれてきた日本が海を生活空間から遮断し、視界から抹消しようとしていることに衝撃を受けた」と 語る小野の作品は、復興がもたらす未来の日本の風景について私たちに問いかけてくる。

関連イベント

  • 小野規「COASTAL MOTIFS」アーティストトーク
  • 11月 21日(水) 19:00 〜 21:00
  • 会場: アンスティチュ・フランセ東京(エスパス・イマージュ)
  • 小野規「COASTAL MOTIFS」オープニング
  • 11月 21日(水) 21:00 〜
  • 会場: アンスティチュ・フランセ東京(ラ・プラージュ)
  • アンスティチュ・フランセ 東京
  • 〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15
    JR総武線「飯田橋」駅西口より徒歩7分
    東京メトロ有楽町線・南北線・東西線「飯田橋」駅B3出口から徒歩7分
    都営大江戸線「牛込神楽坂」駅A2出口から徒歩7分